一瞬であなたを変えてみたいと思います

  1. Home
  2. 一瞬であなたを変えてみたいと思います

2015-01-26 21:41:48

カテゴリー:ビジネスについて

IMG_5129 
先日の記事に引き続き・・・、
 
今日も一瞬であなたを
 
変えてみたいと思います。
 
 
 
ダメ人間だったボクが
 
今ではサラリーマンをやりながら
 
自分のビジネスを持ち・・・
 
毎日偉そうな記事を書いています(笑)。
 
 
 
数年前と比べると
 
激変したとよく言われます。
 
 
 
どのような考えを持ったから変われたのか、
 
今日はそんな話をしたいと思います。
 
 
 
今日の記事は難しいかもしれませんが、
 
かなり重要なコトを書いていますので
 
心して読んで下さいね。
 
 
 
一語一句読み落とさない気持ちで
 
じっくり読んでもらえたら
 
一瞬であなたも変われると思います。
 
 
 
ほとんどの人は目の前にあるのに、
 
目の前に存在しているのに、
 
見えていないコトって沢山あります。
 
 
 
目の前にあるのに
 
見えていないんですよ!
 
信じられますか?
 
 
 
信じてもらうための
 
簡単な実験を今からしますね。
 
 
 
ある質問をしますので、
 
今この瞬間、あなたの目に映る
 
目の前の風景をよ~く見てて下さい。
 
 
 
パソコンやスマホを見ているなら、
 
ちょっとソコから目を外してください。
 
 
 
ボクが今から質問するモノが
 
一瞬で見えるようになりますよ。
 
 
 
「・・・」
 
「・・・」
 
 
 
・・・いいですか。
 
 
 
・・・準備はいいですね。
 
 
 
・・・では質問しますよ。
 
 
 
 
 
『黒色の物』を見つけて下さい。
 
  
  
(パソコンやスマホを見ているなら、
 
 ちょっとソコから目を外してください。)
 
 
 
「・・・」
 
 
 
「・・・」
 
 
 
・・・どうですか?
 
 
  
黒い物が沢山見えるでしょ^^。
 
 
 
このように人は意識しないと
 
目の前にあるモノでさえも
 
実は見えていないのです。
 
 
 
今回の例で使った
 
『黒い物』のコトを
 
【スコトーマ】といいます。
 
 
 
ちなみに『スコトーマ』の事を日本語では、
 
【心理的盲点】と言います。
 
 
 
人間の頭にはこの『スコトーマ』を
 
分類するためのフィルターが設置されています。
 
 
 
目の前に存在しているのに
 
見えていないのはそのためなんです。
 
 
 
このフィルターの精度を変えるか
 
排除するコトにより、
 
見えなかったモノが見えるようになります。
 
 
 
ボクが今さっき、
 
『黒色の物』を見つけて下さい、
 
と質問したコトで・・・、
 
 
 
あなたのフィルターの精度を
 
一瞬で変えたのです。
 
 
 
このように意識しないと
 
見えないコトって実は沢山あります。
 
 
 
次は『コンフォートゾーン』
 
について説明しますね。
 
 
 
桜井がなにやら難しい話を
 
はじめたと思わないで下さいね(笑)。
 
 
 
大事なコトを説明してますので
 
心して読んで下さいね・・・。
 
 
 
『コンフォートゾーン』とは
 
居心地のよい場所のコトです。
 
 
 
例えば昔からの幼なじみと行く飲み会は
 
居心地が良く楽しい飲み会です。
 
 
 
なのでソレは
 
『コンフォートゾーン内』
 
での出来事です。
 
 
 
しかし、お客さんや、はじめての人、
 
はじめての会などの飲み会は
 
最初から居心地は良くないです。
 
 
 
コノ場合は
 
『コンフォートゾーン外』です。
 
 
 
そもそも飲み会が好きか嫌いかで、
 
飲み会という行為にも
 
人それぞれ『コンフォートゾーン』があります。
 
 
 
分かると思いますが人は意識しないと、
 
『コンフォートゾーン』の中だけで
 
行動しようとするんです。
 
 
 
そして、自分の『コンフォートゾーン』から外れた
 
『スコトーマ(心理的盲点)』は
 
絶対にキャッチするコトができません。
 
 
 
逆に自分のコンフォートゾーン内で
 
理解できるスコトーマにしか
 
気付くコトができません。
 
 
 
いつまでも同じコトをやろうとする
 
人間のパターンを分析するとこうなんです。
 
 
 
つまり、、、普通にやっていたら
 
成長できないという事です。
 
 
 
ではどうすればいいかという話をしますね。
 
 
 
この2つです。
 
 
 
●『スコトーマ』を分別する
 
 頭の『フィルター』を排除する。
 
 
 
●『コンフォートゾーン』を広げる。
 
 
 
コンフォートゾーンを広げるためには
 
自分のそのゾーンから抜け出す必要があります。
 
 
 
そのためには『非常識』を
 
受け入れるコトが大事です。
 
 
 
例えば腕立て伏せの場合、
 
10回までは確実にできるなら
 
それがコンフォートゾーンです。
 
 
 
それ以上はコンフォートゾーンの外です。
 
 
 
自分の中ではあり得ない現実を
 
あえて自分で作るんです。
 
 
 
毎日ブログ記事を2000文字書くとか、
 
毎晩ビールを飲んでいたのを止めるとか。
 
 
 
辛いと感じはじめたら
 
「今オレはコンフォートゾーンの外に出たんだな」
 
「コンフォートゾーンが広がっているんだな」
 
と自分を褒めてやるんです。
 
 
 
決めたことはどんなに辛くても頑張る!
 
 
 
辛い時はゾーンから
 
抜け出そうとしている時なのです。
 
 
 
地球から宇宙へ行くのに
 
『大気圏』という危険で辛いゾーンがあります。
 
 
 
ソレと一緒で、辛いと感じる事がなければ
 
宇宙空間へは行けないんです。
 
 
 
スコトーマを分別するフィルターの外し方は、
 
『偏見を捨てる』というコト。
 
 
 
偏見こそが目の前に映るモノが見えていない
 
根本的原因です。
 
 
 
話をまとめます。
 
 
 
『非常識を受け入れ偏見を捨てる』
 
 
 
コレを意識してやるコトにより、
 
人は成長できるようになりますよ。
 
 
 
まずは意識して非常識を受け入れて下さい。
 
コンフォートゾーンの外に出てみて下さい。
 
 
 
今日ボクが書いた記事こそが
 
実はあなたのスコトーマであったコトに
 
気づいてもらえたでしょうか・・・。
 
 
 
桜井達也
 
 
 
 
(追伸)
 
今日の記事はちょっと
 
難しいコトを書きましたが、
 
マジでボクが短期間で
 
成長できた考え方なんです。
 
 
 
1回読んで意味が分からなければ
 
じっくりと何度でも
 
読み返す価値は十分あると思いますヨ。

★毎日メルマガを発行しています。

このメルマガは僕がどのような考えで
 
どのようにして稼いできたか詳しく書いています。
 
 
是非あなたの生きた教科書にして
 
欲しいと思います。ご登録はこちら
 
→ http://core-affilism.com/url/lnk/sakuraimel/

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。



コメント(必須)

コメント